不倫のリスクー踏み込む前にこの記事を思い出すと良いかも?

不倫 離婚 出会い 慰謝料 不幸 出会い

不倫することによって、刺激的な感情を味わい、幸せになれるかもしれませんが、その反面周囲の人間をひどく傷つけます。そして、不倫した本人も金銭的にも社会的にも大きなリスクを伴います。

誰もがそのリスクを具体的な金額や処分まで理解しているわけではありません。そのため、リスクを軽視してしまい、不倫に踏み切ってしまうと考えることもできます。

具体的なリスクはどのようなものなのでしょうか。

本人が背負う金銭的リスク

高額な慰謝料

慰謝料は、不倫によって受けた精神的苦痛に対して支払われるもので、不倫をした本人達から夫(または妻)に支払われます。

不倫相手も既婚者(ダブル不倫)であれば、相手の夫(または妻)にも支払うことになります。

その金額に明確な規定はなく、不倫によって受けた精神的苦痛の程度によって決められます。では、どれだけ苦痛を受けているのか計測するの?というわけではなく、その時の夫婦の状況、例えば、、、

  • 結婚して何年経つのか
  • 子供が何人いるか
  • 夫婦関係は良好だったか

といった要素が考慮されます。

裁判になり、慰謝料を決める場合はそれほど高額になることはなく、およそ50万~300万円が相場といわれています。

裁判を避けて解決する場合は慰謝料が高額になるケースもあります。その場合、離婚後の財産分与なども金額に含まれていることが多いです。

離婚による財産の分配と養育費

既婚者が不倫すれば、離婚に至ることもあります。離婚することになれば、結婚生活によって得た財産は分配し、離婚後の後の収入から養育費(子供がいる場合)を払う必要があります。

年金を収めていれば、年金も分割しなければなりません。

財産分与については、たとえ片方が専業主婦(夫)だったとしても、原則半分ずつとなります。これは、収入を得ているのが夫(または妻)だったとしても、妻(または夫)が家庭での仕事を担っているのいう認識によるものです。

収入が減る可能性

不倫していることが勤務先に知られた場合、評価がに影響が出る可能性があります。

場合によっては、減給や降格、出勤停止といった処分がされたり、最悪の場合はクビになることもあります。

社内不倫であればこのような処分をされる可能性は高いでしょう。

不倫をすれば慰謝料などを支払うだけでなく、そもそもの収入が減ることもあるのです。

本人が背負う社会的リスク

会社からの評判が落ちる

金銭的リスクでも述べましたが、不倫していたことを知られれば勤め先からの評価が落ちます。

減給や降格といった処分を受けなかった場合でも、社内での信頼度が落ちることは避けられないでしょう。

人間関係の悪化

不倫という行為は、結婚を祝福したり、それまでの過程で相談に乗った相手からすれば、その気持ちを裏切る行為でもあります。

そこまでのかかわりがない知人からしても、不倫はモラルに反する行為なため、一般的に”不誠実、自制心がない”といった悪い印象を与えます。そのため、周囲からの評判は下がり、友人との関係も悪化する可能性があります。

全ての友人がそうとは限りません、心境を理解して味方になってくれる人もいるでしょう。しかし、モラルに対して厳しい考え方を持っている人や家庭を大事にしている人であれば、不倫をした人に対して厳しい態度をとることも考えられます。

家族を失う

既婚者であれば、不倫をきっかけに別居や離婚に至ることは充分に考えられます。結婚を続けることになっても、夫婦関係を修復するのは非常に困難な課題となるでしょう。

また、子供がいた場合は別居や離婚により離れ離れになります。離婚になれば不倫した側は親権取得に対して不利な要素を持つことになるので、たとえ母親だったとしても親権を失うことがあります。

将来を約束した相手と離れ離れになるどころか他人になり、血のつながった我が子と離れ離れになることもあり得るのです。

不倫した本人が既婚者でなかったとしても、親や兄弟といった家族からの態度が冷たくなる可能性があります。不倫に対する考え方によって反応は違いますが、それがプラスに働くことは珍しいでしょう。

自分に関わる人たちが傷つく

自分の家族

既婚者が不倫したなら、人生を共に歩もうとしていた妻や夫、は大きなショックを受けます。たとえ夫婦関係が冷え切っていたとしても、生活環境は大きく変わり、その後の人生に大きな打撃を与えることになります。

そして自分の子供たちを傷つけることにもなります。たとえ物心つく前だったとしても、成長した後でその事実をしることに変わりはありません。親の不倫によって不幸になるとは限りませんが、少なからず影響を与えるでしょう。

家族と言えばパートナーや子供だけではありません。親兄弟が不倫発覚後の修羅場に同席することはありますし、それだけで大きな心理的負担となります。

相手の家族

不倫相手の家族も同様に不倫の影響を受けるでしょう。その影響に差はありません。不倫することによって、二つの家族を傷つけることになるのです。

本人

自業自得ではありますが、不倫した本人たちも傷つきます。

周囲の人間を傷つけてしまった罪悪感もあれば、その後の金銭的、社会的負担も重くのしかかってきます。家族や友人から縁を切られ、孤独になってしまうこともあり得ます。

不倫相手と一緒になることで幸せになれることもありますが、その過程に様々な障害や負担があることは間違いありません。

まとめ

いかがだったでしょうか。不倫をすることによるリスクは得られるメリットに比べて非常に大きなものであることがわかると思います。

不倫する人の中には”不倫は純粋な恋愛”と考える人もいるようですが、そんなことはありません。”不倫は人を傷つける恋愛”と言ったほうが正しいでしょう。

ただ、結婚生活や人生への満足度など、状況次第で人はこれだけ大きなリスクを軽視して不倫に進んでしまうのも事実。不倫を避けるためには、その機会がありそうなところに近づかないことが一番の対策かもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました